笛の腕前を見込んだ家元が「落語家、やめられませんか?」

公開日: 更新日:

 一朝は落語界で「笛の名手」として知られる。前座時代から習っていたことは前に記したが、その後も稽古を続けたわけだ。

「祭り囃子が好きで始めたのが、二つ目になって本格的に習うようになりました。やってるうちに、長唄や清元の笛も覚えたわけです」

 そして、歌舞伎座の囃子方として働くようになる。

「笛の兄弟子が歌舞伎座に入ってまして、手が足らないので手伝ってくれと頼まれたんです。仕事が少ない時期だったんで喜んで引き受けて、落語の仕事がある時だけ休ませてもらいました。そのうち笛の家元が、『落語家、やめられませんか?』って。それは無理だっていうの」

 そこまで家元に見込まれるのだから、よほどの腕だったのだろう。

「笛の方の名前は鳳聲克美というんですが、4世中村雀右衛門さんと3世実川延若さんが『男女道成寺』を踊った時です。仲間の柳家小里んと古今亭志ん橋が見に来て、緞帳が上がったとたん、大向こうから『鳳聲克美!』と声が掛かった。噺家だから声が通るんですよ。当たり前なら雀右衛門さんに『京屋!』と声が掛かるとこなのに、囃子方の下っ端のあたしに声が掛けられたので、長唄連中が全員あたしの方を見るわ、雀右衛門さんには睨まれるわで参りました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  5. 5

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  8. 8

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る