二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

メリーさん旧知のK氏と深夜まで会談 終わると肩の力が…

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(19)

 ジャニーズ事務所の副社長だったメリー喜多川氏と「黒幕」と呼ばれたK氏の点と線――。

「メリーさんとはどういう関係ですか」とK氏に聞いた。ためらうことなくK氏は話してくれた。

「俺が若い頃、いろいろあって職もなく六本木界隈でうろうろしていた時代があった。そんなとき知人の紹介でたまたま知り合ったのがメリーさん。明日のメシ代にも困っていた俺を面倒見てもらった。1年近く続いたかなあ。メリーさんの温情がなければ今の俺はない。一生、頭の上がらない恩義がある。それを俺は死ぬまで返し続ける。それだけのこと」

 漫画家・赤塚不二夫氏がタモリを1年近くにわたり面倒見た話とかぶるものがあるが、2人の間の絆を感じ取った。それは我々の知らないメリー氏の別な顔でもあった。

 初対面で多少は打ち解けたK氏との酒席は夜中0時近くにお開きとなった。店を出るとK氏が「書生」と呼んでいた黒スーツの男性が車のドアを開け後部座席に座った。窓を開け「今度、うちに遊びに来い」と手を振って別れた。会談は終わった。肩の力が抜けたようだった。仲介した川又誠矢氏がK氏についてこう話してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る