元グラドル小出広美さん トイプードル希少種ブリーダーに

公開日: 更新日:

「接客が好きなんでしょうね。ブリーダーとは別の顔を持つのもいいものですよ(笑い)」

 さて、愛知県は名古屋のベッドタウン・大治町で1966年3月3日に生まれた小出さんは、高校進学後、名古屋の芸能プロダクションに所属。キュートな笑顔が注目されて地元・CBCテレビのバラエティー番組「ぱろぱろエブリデイ」のレギュラーの座を獲得するや、キングレコード関係者の目に留まり82年、高校2年の時に上京。翌83年3月に「タブー」で歌手デビューを果たした。

 だが、東京の芸能事務所に移籍した際の契約上のトラブルで、わずか1年ほどで休業。4枚目のシングル「最近のム・ス・メ」はレコーディングしたもののお蔵入りしてしまった。

「当時、堀越高校を卒業したばかり。せっかく憧れのアイドルになれたのに凄く悲しかったし、大人への不信感しかありませんでした。それなのに2010年には、私に連絡もなく復刻ブームに便乗してアルバム『小出広美パーフェクト・ベスト』が発売されたんですから酷いでしょ。もちろん厳重に抗議して販売をやめてもらいました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

  10. 10

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

もっと見る