渡部建が河岸の男に…豊洲市場バイトは“美食家商売”布石か

公開日: 更新日:

 多目的トイレなどでの不倫三昧で芸能活動休止中のタレント渡部建(48)が東京・豊洲市場でアルバイトしていることが明らかになった。年明けから魚介類などを取り扱う大手仲卸店で深夜0時すぎから早朝まで荷物の運搬や整理などを手伝い、残業で帰りが午後になることもあるという。

「妻で女優の佐々木希(33)が、仕事がなくて家でゴロゴロしている渡部をなんとかしようと思い立ち、行きつけの寿司屋に仲卸の業者を紹介してもらい、豊洲市場で働き始めたそうです。マスクはしていてもすぐに渡部の存在はバレて市場関係者や買い付けに来た業者のSNSで情報が拡散されました。黙々と肉体労働に従事して汗を流しているそうです」(事情通)

 昨年末の囲み会見は、大晦日の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」での復帰プランありきだったこともあって評判が悪かったが、今回は「芸能界復帰への第一歩」とも好意的に報じられ、たくさんのエールも送られている。ワイドショーの芸能デスクは言う。

「通う、といっても毎日ではなく不定期。それも報道で明るみに出てしまったので今後どうなるかは渡部さん次第みたいです」

飲食関係の新規事業計画も?

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこういう。

「渡部さんは都内一等地の億ション住まいで、金銭的にも早く仕事を再開させなければならないと思っているのでは。とはいえ芸能界での本格復帰はいばらの道。そこで、これまで美食家を標榜し、見聞きしてきた飲食の世界で起死回生の新たな事業を起こせないかと考え、修業の一環にもなると通い出したのが豊洲だったように見えます」

 狙うはレストラン経営、否、もっと稼げる何か、新事業を探っているのではないか、という見立てだ。フライデーは2月上旬、渡部が書店でビジネス書を熱心に試し読みしている場面をキャッチしたとして、写真とともに報じたが、そうした姿とも重なる。

「不倫騒動の以前から、高慢でスタッフやタレントから嫌われていたとされる渡部さんですが、実業家や著名人には取り入り、かなりの人脈を持っているそうです。変わり身の早さが天性なら、なにか世間も驚くアクションを起こすかもしれませんね」(青山氏)

 芸能界には見切りをつけたのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る