原点は桂枝雀師匠の「上燗屋」あの噺と出合わなかったら…

公開日: 更新日:

 緊急事態宣言下の2月7日、真打ち披露パーティーを無事に終えた宮治の心境はどうだったのか。

「僕は、『やらないよりやったほうがいい。やらないで後悔するくらいなら、チャレンジして失敗したほうがいい』という考え方なんです。その姿勢を貫いてよかったと思ってます」

 現在開催中の披露興行にも宮治の考え方が表れている。末広亭、浅草演芸ホールではゲストが日替わりで出演する。末広亭のゲストは笑福亭鶴瓶、桂文珍、桂南光、桂雀々、桂米団治の上方勢。立川流の談春、談笑、円楽一門会の三遊亭好楽、鳳楽、そして山田邦子というそうそうたる顔ぶれだった。

「入門13年でこれだけの売れっ子、有名人に直接電話して出演をお願いできるまでになった。素人の頃を考えたら奇跡としか思えません。一生懸命やってれば仲間として認められるんだ、落語界って温かい方が多い、いい世界だなあと、改めて思いました」

 真打ち披露興行には披露口上がある。新真打ちの師匠と協会幹部、ゲストが並んで口上を述べるのだが、初日の感想はどうだったか。

「僕は感激屋なので泣くと思ったけど、師匠の伸治の口上があまりにバカバカしい話で面白かったので、涙が引っ込みました。鶴瓶師匠の口上もバカ受けで、司会の神田伯山と、最後に三遊亭小遊三師匠がきちっと締めてくれて、本当にいい口上でした」

 トリの高座はどうだったのか。演じたネタが気になった。

「初日ですと、本当ならトリらしい大ネタをやるところなんでしょうが、自分の原点は何かと考えたんです。それは31歳の年にユーチューブで見た桂枝雀師匠の『上燗屋』だと。あの噺と出合わなかったら、今の自分はなかったはずだ。僕を落語家にしてくれた噺をやろうと決めて高座に上がりました」

爆笑王といわれたレジェンド

 上方落語界で爆笑王といわれたレジェンド、故桂枝雀。宮治はその弟子の雀太に稽古してもらったというが、上方落語である。

「お客さまはこのネタで満足してくれるという自信がありました。独演会に通って下さってる方が多かったので、結果的にはいい選択だったと思います」

 さぞや客席を沸かしたことだろう。

 宮治は31歳で入門した。それまでどんな人生を送っていたのか。興味のあるところだ。=つづく

(聞き手・吉川潮)

■桂宮治真打ち昇進披露興行
 28日まで浅草演芸ホール(2月下席)、3月1~10日池袋演芸場(3月上席)、3月11~20日国立演芸場(3月中席)。3月23日はお江戸日本橋亭、4月1日はお江戸上野広小路亭に出演予定。

▽かつら・みやじ 1976(昭和51)年10月、東京・品川生まれ。本名・宮利之(みや・としゆき)。落語芸術協会所属。08(平成20)年2月、桂伸治に入門。12(平成24)年3月、二つ目昇進。21(令和3)年2月、真打ち昇進。抜擢昇進は92年の春風亭昇太以来29年ぶり。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

もっと見る