貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

公開日: 更新日:

 花田優一氏(25)が突然、「週刊女性」(2月16日号)で、父親である元横綱・貴乃花の花田光司氏(48)からモラハラや暴力を受けたと告白。その後に、貴乃花が「週刊文春」(同月18日号)で「優一の告白は嘘で塗り固められている」と反論し、「女性セブン」(同月18・25日号)には貴乃花の元妻で優一氏の母親である河野景子氏(56)まで登場した。

 そこで景子氏は「大なり小なり、どこの家庭にも“事件”は起きるものだと思います。ただ、それが外へ筒抜けに報じられてしまう」と嘆いていたが、景子氏といえば、昨年末に映画監督で実業家のジャッキー・ウー氏との再婚報道が出たばかり。

 その翌週には渦中のウー氏自らネットニュースサイトの独占インタビューに応じ、2人のなれ初めから「いずれ結婚するだろう」と未来予想図を語った。

「景子氏はウー氏のインタビューを止めようと思えばできたはずなのに、“筒抜け”になってしまった。今回の騒動もそうですが、景子氏と優一氏に関しては、週刊誌が積極的に動かなくても情報が絶妙なタイミングで入ってくるし、うまい具合に話が連動しています。そう考えれば、出どころがどこなのか大体、想像がつきます。それに対し、貴乃花に関しては、親方をやめてからというもの、本人が発信しない限りは情報が全く出てきません。文春のインタビューでは、『私が表舞台から消えれば、身内が便乗してきて、家族が世間を騒がせることはなくなるかもしれない』と吐露していますが、この家族に関しては、貴乃花のこの言葉が全てを物語っている気がします」(芸能ライター・弘世一紀氏)

相撲普及活動に取り組もうとした矢先に

 そんな貴乃花だが、親方引退後の2019年に、一般社団法人「貴乃花道場」を設立。小さな子どもたちや世界中の人々に相撲を普及させるべくイタリアやアメリカへ趣いたり、東京大学大学院では相撲界の改革について講義を行ったりと積極的に活動していた。現在はコロナ禍のあおりを受けてほとんど休止状態に陥っている。

「貴乃花道場の所在地は小さなアパートの一室で人の気配は全くありません。貴乃花自身も現在どこに住んでいるのかもわからない。一部の関係者を通さない限り、彼と連絡を取ることもできない状態が続いていると聞きます」(大相撲関係者)

「女性セブン」(3月4日号)では、まだ住宅ローンの残っている5億円の自宅を売りに出したものの買い手がつかず、台所事情が苦しいと報じられた。関係者によると、部屋運営時代の借金もあり経済的な余裕はあまりないという。

「表舞台から消え、純粋に裏方に徹して、相撲の普及活動に集中したくてもできない事情が貴乃花にもあります。とはいえ、現在2社のCMに出演しており、相撲界の大立者である彼が表舞台に立とうと思えばいくらでも需要があります。このままコロナ禍が長引けば、ますます引っ張り出される機会が増えるでしょう」(弘世一紀氏)

 金銭的に背に腹は代えられぬ貴乃花が表舞台から消えることもなければ、景子氏と優一氏のゴシップ記事がなくなることもなさそうだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る