福原愛“別部屋”弁解も反感やまず…子供を置き不倫がネック

公開日: 更新日:

 卓球女子元日本代表の福原愛(32)の別居&不倫スキャンダルが週刊誌各誌で報じられ、さらなる波紋が広がっている。4日、自身のホームページでは「ご心配やご迷惑をお掛けしておりますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪文を掲載。ネット上では夫・江宏傑(32)のモラハラ疑惑よりも、福原の不倫スキャンダルのほうが注目され、福原にネガティブなコメントが増えているのだ。

 発売中の「女性セブン」が2月下旬に単独帰国していた福原と大谷翔平似のイケメンサラリーマンの横浜デートとお泊まり2連泊を掲載。同誌の直撃に福原は、お泊まりは認めつつ、どちらも別部屋だったと弁解したが、「不倫した時点でアウト」「コロナ禍の中帰国、別の男性と会うなんて浅はかすぎ」「写真が衝撃的」と否定的なコメントが相次いだ。

 家族問題評論家の池内ひろ美氏がこう言う。

「ラブラブなデート姿が反感を買い、見る側は“裏切られた”と受け取ったのでは。特に年配女性は子供を置いて羽を伸ばすことに否定的で、福原さんを“可愛がってきた娘”のように思うがあまり、一気に敵に回ってしまう恐れがあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

もっと見る