インタビューマン山下
著者のコラム一覧
インタビューマン山下ライター

1968年、香川県生まれ。92年、世界のナベアツ(現・桂三度)とジャリズム結成、2011年に解散。同年、オモロー山下に改名し、ピン活動するも17年に芸人を引退。現在はインタビュアー・ライター。

ビートたけしと島田洋七を最初に引き合わせた人物とは?

公開日: 更新日:

 ビートたけしさんと島田洋七さんは1980年から始まった漫才ブームをツービートとB&Bというそれぞれのコンビで牽引し、お互いの実力を認め合う仲で親友としても知られています。その2人を初めて引き合わせたのは天才漫才師・横山やすしさんだと洋七師匠からお伺いしました。

 洋七師匠がたけしさんと初めて顔合わせしたのは横山やすし・西川きよしとB&Bが東京の番組に呼ばれた時だったといいます。

「やすしさんが『東京におもろいやつがおるからおまえに紹介したるわ。たけし言うやつや』。俺は存在を知ってたけど『そうですか』って感じで。ほんで、錦糸町でたけしが待ってるからタクシーで迎えに行って、その時に初めて『北野で~す』『島田で~す』って」

 そこで2人は初めて顔を合わせ言葉を交わしたというのです。その後2人はやすし師匠の行きつけのお店に連れていってもらったといいます。

「銀座かどっかに飲みに行くのかなと思っていたら、やすしさんに千葉って言われて。『千葉の飲み屋?』って思ってたら毎日食堂っていう食堂やってん(笑い)。そこの食堂の大将がやすしさんの知り合いで、『おまえら待っとけ』って言われて、やすしさんはその大将と別の店に飲みに行ったのよ。だから初対面の俺とたけしはずっと2人で食堂でビールを飲んでてん。ほんで夜の11時40分ぐらいになって食堂のおばちゃんに『店、閉めるよ』って言われて」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟