二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

くだらない? 週刊誌のスキャンダル報道“下品も品のうち”

公開日: 更新日:

「本当にくだらない」

 週刊誌の芸能記事というと、よくこんなふうに言われたものだ。世間の風当たりが強かった頃、直撃した女優からも「下品、週刊誌は」と睨みつけられることもあった。故・須藤甚一郎リポーターにこの話をすると、「よかったじゃない。下品と言われただけでも。下品も品のうち。“品がない”と言われるより、よっぽどいい」という言葉に笑った。

 下品と言われる際たる記事がスキャンダル。当時は女性誌が中心となりプライバシーを暴く。「のぞき見と同じ。悪趣味」と批判的な声も少なくなかった。一方でスキャンダルは多くの人から関心を持たれ、井戸端会議の格好のネタになった。

 賛否両論の板挟みを感じながらもスキャンダルは毎週のように報じられた。当時は新聞・テレビも加わり取材現場は常に賑やかだった。東京駅から羽田空港まで渦中の人物への直撃は当たり前。時には自宅前まで押し寄せた。過剰報道に大手芸能プロ幹部のコメントが記憶にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  6. 6

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  7. 7

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  10. 10

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

もっと見る