二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

くだらない? 週刊誌のスキャンダル報道“下品も品のうち”

公開日: 更新日:

「勝手に直撃して、当たり前のように報じる。芸能人は出演してギャラを得る。ワイドショーも結果的に出演したのだから、出演料を請求してもおかしくない」というものだった。真逆の意見もあった。「スキャンダルだろうが露出してナンボの芸能人。宣伝と思えばいい」という割り切り方だった。

 さまざまな意見が飛び交うが、参考になる事例がある。

 1980年代、それまで脇役だった田村正和がテレビのホームドラマで主役を張るようになった。頼りない先生役など三枚目役でも注目された。以来、田村人気は不動となった。父は阪東妻三郎で、田村高廣、田村亮を兄弟に持つ俳優一家。「奥さんはどんな人」といった声も広がりだしていたが、私生活はほとんど知られていなかった。田村のある情報を聞き込み、デスクに報告すると、「やらなくていい」の一言だった。

「私生活を一切公表していない。ドラマと映画の世界だけで生きている人。私生活はすべて田村の許可なくしてやらない」と説明を受けた。事実、いまだに田村の家族構成は公にされていない。仮にわかったところで報じることもない。俳優としては神秘性が加味され人気を後押しした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る