著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

2ショット会見は山里&蒼井ぐらい…芸能人結婚報告の今昔

公開日: 更新日:

 今年、結婚した芸能人は優に100組を超えている。特に11月は嵐の二宮和也を皮切りに20組ともっとも多かった。平成から令和になった節目の年。「令和元年に」ということぐらいしか理由が思いつかないが、別な共通点もある。結婚会見が極端に少ないこと。ツーショット会見は6月の山里亮太蒼井優ぐらい。単独もTOKIO城島茂が目に付いた程度だった。

 ホテルの会場で金びょうぶの前の会見が当たり前だった昭和。私生活がベールに包まれていた高倉健さんも江利チエミさんとの結婚では会見を行った。

「当時の俳優は映画会社専属。本人の意思よりも会社の指示もあって会見をやっていたが、今は専属制もなく、ブログなど結婚報告を発信するツールもある」(映画関係者)

 結婚会見は次第に芸能人のステータスの場になっていった。婚約指輪の値段や披露宴の規模などを競うようになり、大きな結婚はスターの証しでもあったがバブル崩壊のごとく、今は質素にする傾向にある。ブログなどで結婚に至った経緯を報告するだけの簡素化が主流。世間からの風当たりも少ないし、時には好感度を増すこともある。今回も壇蜜は漫画家・清野とおる氏と地味なデートを自身の連載や番組で報告。グラビアでお世話になった諸兄はがっかりしても、女性からも「普通のOLみたいでステキな結婚」と評判は上々。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方