二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

くだらない? 週刊誌のスキャンダル報道“下品も品のうち”

公開日: 更新日:

「2018年に田村の引退が報じられていますが、本人の口から“引退”と言ったわけではないから、復活もあるかも」という話もあるほどだ。

 故・渥美清さんも私生活を公表していなかった稀有な名俳優だった。

 1996年、がんで逝去(享年68)が伝えられたとき、「奥さんの取材に行け」と命じられたが、奥さんの素性どころか自宅さえもわからない。資料を調べても私生活らしきものもない。映画関係者に聞くと「〇〇辺りと聞いたけど、詳しくは知らない」と一部の人にしか教えなかったそうだ。

 最近は吉田羊のように「年齢非公開」と限定で公表NGにしている人もいる。

 他にも「出身地」「本名」などに限定して公開していない人もいるが、一切の私生活を明かしていない人は本人が話さない限り報道しないというのがスキャンダル報道の根底にある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る