中村吉右衛門 一時心肺停止も千両役者に引退の二文字なし

公開日: 更新日:

 このほど食事中に倒れ、一時心肺停止に陥ったとも報じられた歌舞伎俳優で、人間国宝の中村吉右衛門(76)。最悪の事態は免れ、現在は小康状態だというが、それでも予断を許さない状況が続いているという。

「無理に無理を重ねていたのでは」と、関係者からこんな声が上がる。

「ことし1月に歌舞伎座公演を8日間休演したときから、体調の悪さは観客にも分かってしまうほどでした。重たい衣装をつけての舞台は体力的にも大変で、引退しないまでも、療養が必要な状況にあった。それにもかかわらず、『三月大歌舞伎』への出演を強行したりしていた。さすがの役者魂とも言えますが、今回はかなり厳しい状況に陥り、やはりムチャし過ぎだったのだと思います」

 ここ数年、吉右衛門は体調不良による休演が相次いでいて、2013年に味覚障害を発症した際は一時食事も取れず、体重が10キロ減ったことも。足腰も弱まり、体調を心配する声が各方面から上がり、「引退」の二文字も囁かれていたそうだ。それでもスケジュールを組んで、休ませなかった松竹への批判の声も上がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る