城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

綿引勝彦さんの思い出「鬼平」の名を出すと目つき変わった

公開日: 更新日:

 俳優の綿引勝彦さん(享年75)が昨年末、膵臓がんのために亡くなっていたことがわかった。

 複雑な心情を表現する難しい役柄をはじめ、刑事から悪役まであらゆる役柄を演じた名バイプレーヤーだった。

 主演俳優という立場ではないことが多く、映画の製作発表などで直接取材する機会はほとんどなかったのだが、実は印象に残っている取材が一度だけあった。

 今から20年ほど前のことであろうか、ちょうどフジテレビ系「鬼平犯科帳」で密偵の大滝の五郎蔵の役を長く続けていた頃のことだ。

 僕は毎年、正月にハワイへ到着する芸能人の取材でホノルル空港で張り込みをしていたのだが、そこへ綿引さんが現れた。囲み取材の交渉をしたところ、綿引さんは「私はそんなインタビューを受けるような役者じゃありません。他の方々に話をしてください」と控えめに、あくまで丁重に断ってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る