高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)、Web「タレントパワーランキング」(アーキテクト)などで女優・アイドルの取材や分析を手掛ける。畑芽育・出口夏希らがモデルを務めた「制服美少女情景図鑑」(玄光社)で物語の執筆を担当した。

山之内すずはどんな番組にもハマる「10代のカリスマ」

公開日: 更新日:

 しかし、年配の視聴者の中にはギャルアレルギーがある人もいるので、そこに現れた「ギャルではないカリスマ」で、しかもコメント力があって、ありきたりのことは言わない山之内すずはテレビ制作者にとっては待ちに待った存在だったはずだ。

 Webサイトの取材でインタビューしたことがあるが、素顔の彼女は関西出身ならではのノリのよさがあって、同じ兵庫出身の女優でも有村架純北川景子が旧居留地の洋館のような落ち着いた雰囲気があるのに対し、山之内は元町商店街に通じる活気と親しみやすさを感じさせる。

 その一方で、「ちゃんと芯がある意見を言わないといけないので、本を読んで映画を見て、いろんな価値観を知りたい」(Web「タレントパワーランキング」)と語るなど、勉強熱心な一面も垣間見せていた。

 最近は活動の場を拡大。ラジオのパーソナリティーにもチャレンジしているほか、1月クールのドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)では上白石萌音の妹を演じ、女優としても期待される。

 どんな料理にも使える調味料のような、「安定感」が山之内すずの魅力だ。だから、テレビ番組でどのMCと組み合わせても違和感がなく、幅広いタイプのCMにハマる。彼女の万能さに、世間はまだ気がついていないのかもしれない。

(つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  2. 2

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  3. 3

    草津町議だった新井祥子さん 性的被害告発でリコール失職、海外メディアも注目したその後は…

  4. 4

    【競泳】無冠の瀬戸大也が現役続行 今後は海外でコツコツと賞金稼ぎの旅

  5. 5

    「水泳ニッポン」自国開催で大惨敗…瀬戸不振、日本水連の甘さ、平井HCの処遇に影響も

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  8. 8

    瀬戸大也と大坂なおみの敗退で生じた「アスリートに人間性は必要か?」という問い

  9. 9

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  10. 10

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

もっと見る