高倉文紀
著者のコラム一覧
高倉文紀美少女・女優評論家

札幌市生まれ。雑誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)、Web「タレントパワーランキング」(アーキテクト)などで女優・アイドルの取材や分析を手掛ける。畑芽育・出口夏希らがモデルを務めた「制服美少女情景図鑑」(玄光社)で物語の執筆を担当した。

池田エライザは走攻守揃った勉強熱心な“マルチプレイヤー”

公開日: 更新日:

 新年度に入り、新しいCMが続々と登場している。CMの起用が増えて存在感を見せているフレッシュな女優やモデルにスポットを当てて、インタビューしたときに感じた素顔の魅力も紹介したい。

 人気シリーズとなっているau「三太郎」のCMに池田エライザが親指姫役で出演していることが明かされたのは2019年だが、実は17年12月放送の「餅つき」編から、小さくて顔はわからないが親指姫としてずっと出演していたという“仕掛け”が話題を集めた。

 そのエライザ親指姫が爆発的な存在感を見せたのが、今年のお正月CM「みんなってエブリワン!」編だ。彼女がオリジナル楽曲を歌い、CMの中にも登場。SNS上では、ラストカットで彼女が親指を立てながらカメラ目線で笑顔を見せるところに「あまりに可愛いので卒倒した」といった反応が多数見られた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  9. 9

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る