平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

RCサクセションのライブに客は5人しかいなかった

公開日: 更新日:

 音楽業界の七不思議のひとつといわれていた。

「あれだけいい音を出しながら、あれだけいいパフォーマンスをやっていながら、どうして客が入らないのか?」

 そんな声があちらこちらから聞こえてくる。

 わたしゃスタッフたちと一緒に頭を抱え、考え込んでしまった。

 ライブハウス経営を通して「ライブは儲からない。赤字になる」ことを学習した。ブッキングの担当者やバンドメンバーに「観客動員のノルマはないし、赤字でも構わない。そもそもがチャージ(入場料)は表現者のもの。全額払う。ウチはライブの後、客やバンドのメンバーやスタッフたちに飲んでもらって<ロック居酒屋>として収入を得る」と伝えた。

 ロフトの常連だった山下達郎さんから「平野氏はチャージをピンハネせず、採算は深夜営業でまかなった。画期的な発想の持ち主だった。駆け出しのバンドに最低動員保証をさせる似非ライブハウスの現状を見るとき、私たちは幸運だった」というコメントをいただいた。本当にうれしかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相G7サミットでポツンとひとり…際立った薄すぎる存在

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  4. 4

    TBSの鬼門「ラヴィット!」死に体で安住アナにかかる重圧

  5. 5

    妊婦なのに…溺れかけの子供3人を助けた米国女性が大絶賛

  6. 6

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  7. 7

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  8. 8

    「めざまし8」絶賛されたり炎上したり 谷原章介は大丈夫?

  9. 9

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  10. 10

    09年ドラフトで荻野貴司を1位指名した舞台裏と圧倒的武器

もっと見る