平野悠
著者のコラム一覧
平野悠「ロフト」創業者

1944年8月10日、東京都生まれ。71年の「烏山ロフト」を皮切りに西荻、荻窪、下北沢、新宿にロフトをオープン。95年に世界初のトークライブ「ロフトプラスワン」を創設した。6月、ピースボート世界一周航海で経験した「身も心も焦がすような恋」(平野氏)を描いた「セルロイドの海」(世界書院)を刊行。作家デビューを果たした。

客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

公開日: 更新日:

 RCサクセションのボーカル忌野清志郎さんは中学生だった1966年に同級生と「ザ・クローバー」というバンドを結成し、70年にシングルデビューを、72年にアルバムデビューを果たした。76年には代表曲となるシングル「スローバラード」を発表したが、時代の波に乗り切れずに半年ほどで廃盤になった。78年、後に主要メンバーとなるギター仲井戸“チャボ”麗市さんが加わり、化粧を施して髪を逆立て、原色系の奇抜なファッションに身を包んだ清志郎さんのド派手なパフォーマンスが評判を呼び、80年リリースの「雨あがりの夜空に」のヒットでスターダムにのし上がった。

 たとえば77年の7月2日、RCは新宿ロフトでライブをやっている。同24日には下北沢ロフトのステージに立ち、30日には荻窪ロフトでライブをやっている。

 まさにロフトの常連中の常連だったRCだが、とにかく客の入らないバンドだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

もっと見る