ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

阪神タイガースよ、俺をツルツル丸刈りにさせないでくれ~

公開日: 更新日:

 昨年はコロナの影響で約3カ月遅れの開幕となったプロ野球が、今年2021年は当初の予定通り3月26日にセ・パ同時に開幕(観客の入場者制限はありますが)されたのは野球ファンとしてはめでたきこと、この上なしなのだ。

 しかも、俺が55年間もひたすら愛し続けてやまない阪神ヤクルトに開幕3連勝ときたのだからこりゃもう今年の優勝は間違いなしと狂喜乱舞の酒池肉林なのです。というか、石にかじりついても優勝してもらわないと「困るー!!」(と悲痛な絶叫)、なんと開幕の日のサンケイスポーツの紙面で「今年は必ず阪神がリーグVを飾る!! もし実現しなかったら頭をツルツルに剃る!!」と公言した俺なのだ。

 いや、決して贔屓の引き倒しでなく、21年の猛虎は強いのだ!! 先発投手陣は西勇輝をはじめ、青柳に秋山、そして昨年リリーフですっかり自信を取り戻した藤浪も先発に復活!! ヤクルトとの3試合目で6回無失点とガンケルも頼れるのだ。その5人に加え、コロナでチーム入りが遅れている昨年韓国で20勝を挙げたアルカンタラもいるでよ~!! リリーフ陣も岩崎にスアレスと完璧やー!! 打者に目を向ければ首位打者を狙える新人から2年連続盗塁王の俊足近本に、すっかり日本野球に慣れた長距離砲のマルテにサンズ、そしてこれまたうれしい悲鳴で昨年韓国で47ホーマー、135打点で2冠に輝いたロハス・ジュニアも控えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る