ワイドショーのコロナ特集は高視聴率ネタ 現場はヘトヘト

公開日: 更新日:

「もっと“密”の画はないの!?」

 ディレクターからこんな注文を出されて、いまテレビのカメラマンやリポーターたちは困惑している。

「まん延防止(まん延防止等重点措置)が適用されても相変わらずの人混みです――というニュースにしたいのでしょうが、渋谷のスクランブル交差点だって、時間によっては、それほど人は歩いていません。仕方がないので、ズームを多用します」(撮影クルーのひとり)

 ズームレンズ(望遠)で撮ると、奥行きが縮まるので、人が密集して見える。圧縮効果だ。朝のワイドショーでターミナル駅の出勤ラッシュを中継する時は、電車の到着が重なって乗客が改札口に集中するタイミングに合わせて、少し離れたところからズームで狙う。混雑ぶりが強調されて、こうした映像を流しながら、キャスターは「混み方は普段と変わりません。リモートワークは広がっていないようです」とコメントするのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る