松山英樹マスターズ制覇で大盛況 芸能界ゴルフ王は誰だ?

公開日: 更新日:

 松山英樹(29)のマスターズ制覇に、芸能界も沸き返っている。渡辺謙、石黒賢、とんねるずらが祝福コメントを送ったとうれしそうに話し、プロを目指したことのある武井壮はSNSに「ゴルフ新時代の始まりだ!!」などと投稿した。

 芸能人のゴルフ好き、腕自慢は昔からで、小林旭、里見浩太朗ビートたけし、渡辺裕之、小野ヤスシ、細川たかし、松崎しげる、野口五郎、栗田貫一、ISSAらがプロアマや「叙々苑カップ」などでラウンドする姿はワイドショーでもオンエアされたものだ。

 ところで、最近の腕自慢は誰なのか。スポーツ紙芸能デスクは言う。

「武井壮はプロ並みで知られ、ティーショットであの石川遼選手をオーバードライブしたこともありますね。『渡る世間』などのえなりかずきも3歳からゴルフをやっていて、スパルタで有名な坂田信弘プロの塾生でもありました。いまもゴルフ雑誌で連載を持つほど。ゴルゴ松本も年に80回もラウンドしたこともあるゴルフ好きです」

「お笑い界ビック3」はココリコ遠藤、カジサック、大西ライオン

 ある芸人はお笑い界のゴルフ巧者について、「ビッグ3はココリコ遠藤章造、カジサックこと梶原雄太、そして今やほとんどティーチングプロが仕事の大西ライオン。彼らは総じてベストスコア70前後、60台というツワモノ。ユーチューブのゴルフ企画も大人気です」。

 コロナ禍になって以来、芸能人が参加するゴルフ大会が大手を振って開かれることはなく、最新ランキングは分からないそうで、「石田純一が昨年感染した際、緊急事態宣言下にゴルフをしていたと取り沙汰されたのが、大きかったようです」(前出の芸能デスク)。

神田正輝は「相手のレベルに合わせてデッドヒート」

 だが、コロナ前までの逸話はたくさん残っている。

「なんといっても、凄かったのは神田正輝。後にも先にも彼以上はいないのでは」と、マスコミ関係者はこう続ける。

「もともとスポーツ万能ですが、ゴルフは特技と公言するだけあってプロ級の腕前で数々の大会で入賞しています。何より凄いのが、企業社長や重役とラウンドするときに相手のレベルに合わせて、デッドヒートを繰り広げること。サービス精神であり、最後は勝つのですけど、相手も喜んでまたプレーしたいと仕事をつくって地元に呼んだりしていた。腕前のみならず、結果的に仕事にもつなげてしまうのですから、そうそう真似はできないでしょう」

 ちなみに演歌界では五木ひろしも70台で回る腕前だが、「女性なら大月みやこさん。数々のコンペでベストグロス。ほぼパープレーヤーです」(音楽関係者)。

 芸能リポーターの城下尊之氏が言う。

「芸能人の皆さんは映画の撮影などで仕事を集中的に行う一方、平日に自由になる時間もある。その時間をつかって、徹底的に練習したりラウンドしたりできる。凝り性の人が多く、始めると徹底的に極めようと努力して、スコアなど結果が目に見えて出てくるところもいいようです。集中的にやるというのも皆さん得意で、ゴルフ向きなのかも知れません」

 コロナ禍の中でも健康的ということで流行しているゴルフ。松山フィーバーで芸能界のゴルフ熱も更にヒートアップしそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る