小倉優香の「小倉ゆうか」には賛否…芸能人改名の吉凶禍福

公開日: 更新日:

 お騒がせタレントの改名宣言が賛否両論だ。生放送中のラジオ番組で突然降板を直訴し、騒動になっていた小倉優香(22)が9カ月ぶりに発信したSNSで「小倉ゆうか」への改名を発表、所属事務所から退所し「何かに縛られずに活動をしたいという意向を汲んでいただいた」と心境をつづった。

 騒動でのイメージを刷新し、再出発を図りたいのだろうが、「表記名を変えても何も変わらない」「やったことをなしにはできない」などと、世間の評判は芳しくない。

 芸能界でこうした改名は、相撲や歌舞伎の世界にならってか、少ない話ではない。

「歌舞伎役者の場合、ひとつ格があがった証しでもあり、興行にして収益にもなる。代々の名前を受け継ぐ襲名は魂をも受け継ぐ覚悟でもあるんです。日本での改名は、古くは古事記からの風習ともいえるのでは」(歌舞伎関係者)

 スポーツ紙芸能デスクがこう話を継ぐ。

「芸能界でも、五木ひろしが売れるまで3度改名したのは有名な話、華原朋美小室哲哉が自分と同じイニシャルの芸名に改名させ、『僕と君は心のユニット』との思いからだと語ったそうです。今回の小倉の場合、半同棲から結婚説もあった格闘家、朝倉未来との破局も改名の背景にありそうです」

唐沢寿明は元「SEXY KIYOSHI」

 理由はそれぞれ。人生いろいろだが、その結果も吉凶禍福のようで。

浜崎あゆみは女優時代の浜崎くるみからの改名で成功し、旧芸名など忘れられているようにみえますね。井上陽水も旧芸名はアンドレ・カンドレでしたし、唐沢寿明はSEXY KIYOSHI、今田耕司は上ロース、井浦新はARATA、広瀬すずの姉の広瀬アリスは広瀬晶でしたけど、皆、改名して大成功だと思っているのではないでしょうか。唐沢など笑い話にしてますよ」(前出のデスク)

 一方、能年玲奈NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のヒロインで国民的アイドルになったが、本名でもある「能年玲奈」から「のん」への改名が世間に広く浸透しているかどうかは分からない。

極楽とんぼは浩二→浩次、圭一→圭壱

「テレビで明かしていましたが、極楽とんぼの加藤と山本は若手時代に占い師のアドバイスで加藤浩二から浩次へ。山本圭一から圭壱に改名して、その後のブレークにつながったそうです」(芸能リポーター)

 タレントおさるは占い師の細木数子のアドバイスでモンキッキーに改名。元相方のコアラもハッピハッピーに改名していたが、ともに元の芸名へと再改名している。後にNEWSポストセブンの取材でおさるはこう振り返っている。

「モンキッキーにして初めての仕事が、山川恵里佳とのドライブ企画だったんですね。それで、改名の話で盛り上がって仲良くなったんです。改名がなかったら話が弾んでいなかったと思うし、結婚していたか分かりませんよ。……モンキッキーの8年間で良かったことといえば、その1日だけです」

 さて、小倉ゆうかはどうなるのか、今後の活躍に注目である。  

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る