春の連ドラ「編集者・出版社社員モノ」が7本集中のナゼ

公開日: 更新日:

 春ドラマで“編集者”たちが元気だ。

「リコカツ」(TBS系)の北川景子はファッション誌、「半径5メートル」(NHK)の芳根京子と永作博美は女性週刊誌、「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」(読売テレビ・日本テレビ系)で吉川愛と水野美紀は漫画誌、「理想のオトコ」(テレビ東京系)の藤井美菜はコミック本、「ラブコメの掟」(同)の栗山千明は電子コミック、女性ではないが、「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)の片岡愛之助も少女漫画誌の編集者で、「ソロ活女子のススメ」(テレ東系)の江口のりこは出版社の契約社員である。

 警察モノ、医者モノに代わって、編集者・出版社社員が主役・脇役のドラマが、実に7本も放送されているのである。

 冬ドラマの「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)も、舞台はファッション誌編集部で、新米編集者が上白石萌音、鬼編集長が菜々緒だった。なりたい職業の上位でもないのに、なぜ編集者モノが人気なのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る