有村昆“不倫未遂”で露呈した幼稚さ…妻・丸岡いずみに同情

公開日: 更新日:

 フリーアナウンサー丸岡いずみ(49)の夫で映画コメンテーター有村昆(44)の“不倫未遂騒動”は早々に収束に向いつつある。スクープした「フライデー」(5月28日号)の報道を受けて所属事務所はすぐさま活動自粛を発表し、不倫自体が未遂に終わったこともあるようだ。

 今回の件で有村のバカボンぶりが改めて知れ渡った。中学時代から毎年100万円のお年玉をもらったり、好成績を取ると親に海外旅行をプレゼントしてもらったことをラジオ番組で自ら明かしたことがクローズアップされた。もっとも、その恵まれた生い立ちゆえか、2012年の結婚前後に重度のうつ病を患った丸岡を献身的に支え続けたことで、有村は愛妻家のイメージを定着させた。当時は、丸岡の方が断然人気があり、かつ収入が高かったため、結婚当初は、格差婚といわれ、有村を知る人はほぼいなかった。しかし、“丸岡いずみの夫”という肩書きを備えたことで映画コメンテーターとして活躍する機会が増加し、レギュラー番組を持つまでになった。驚くのはフライデーの報道内容だ。有村は「何もしない」とお目当ての女性をラブホテルに連れ込み、性交を断られると“ボロン”と下半身を見せつけたという。まるで分別のつかない子供である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ