元“奇跡の38歳”丸岡いずみ ロシアで代理母出産までの軌跡

公開日:

 フリーアナウンサーの丸岡いずみ(46)が、代理母出産で第1子となる男児が今月3日に誕生していたことを自身のブログで明らかにした。

 丸岡は2012年に映画コメンテーターの有村昆(41)と結婚。16年の冬に凍結保存した受精卵をロシアの代理母に託していた。夫の有村は自身のブログで「本当にいろんなご意見があるとは思いますが、大切に我が子を育てていきたいと思います」と代理母に至る経緯と感謝を赤裸々につづった。

 12年に自然妊娠と妊活とで2回の流産を経験し、今回代理出産を選んだという。40歳で自然妊娠する確率は1%、今回46歳で我が子を迎えたことは“奇跡の38歳”を超える奇跡であることは確かである。

■相場は500万~1000万円

 代理母出産費用は米国では1000万~2000万円、ロシアだと500万~1000万円が相場。妊活の世界は体外受精を繰り返し、費用が1000万円を超えることも少なくないため、驚くほどの金額ではないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る