元“奇跡の38歳”丸岡いずみ ロシアで代理母出産までの軌跡

公開日: 更新日:

 フリーアナウンサーの丸岡いずみ(46)が、代理母出産で第1子となる男児が今月3日に誕生していたことを自身のブログで明らかにした。

 丸岡は2012年に映画コメンテーターの有村昆(41)と結婚。16年の冬に凍結保存した受精卵をロシアの代理母に託していた。夫の有村は自身のブログで「本当にいろんなご意見があるとは思いますが、大切に我が子を育てていきたいと思います」と代理母に至る経緯と感謝を赤裸々につづった。

 12年に自然妊娠と妊活とで2回の流産を経験し、今回代理出産を選んだという。40歳で自然妊娠する確率は1%、今回46歳で我が子を迎えたことは“奇跡の38歳”を超える奇跡であることは確かである。

■相場は500万~1000万円

 代理母出産費用は米国では1000万~2000万円、ロシアだと500万~1000万円が相場。妊活の世界は体外受精を繰り返し、費用が1000万円を超えることも少なくないため、驚くほどの金額ではないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る