池内ひろ美
著者のコラム一覧
池内ひろ美家族問題評論家

1961年、岡山県生まれ。自身の離婚をきっかけに、人生をリストラクチャー(再構築)するため前向きに選択する離婚を「リストラ離婚 妻が・夫を・捨てたわけ (講談社文庫)」と名づけて上梓。以降著書は31作に及ぶ、夫婦・家族問題評論家の草分け的存在。現在、ガールパワー代表理事、家族メンター協会代表理事、内閣府後援女性活躍推進委員会理事をつとめる。

三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

公開日: 更新日:

 不倫したからといって皆が離婚をするわけではありません。年初1月7日に不倫が発覚した歌舞伎俳優・中村芝翫さんの場合も、妻・三田寛子さんは離婚など全く考えている様子はありませんでした。

 不倫発覚は4年ぶり2度目。4年前の不倫のお相手は、京都の人気芸妓でした。夫の不倫発覚に対して妻の三田寛子さんは、取材に訪れた報道陣に対して穏やかに会釈し、週刊誌の取材に「これからが、彼の男として、人としての見せどころ」と発言するなど、すべてにおいて「神対応」と呼ばれました。この「神対応」とは、人前で夫を責め立てたり、妻が感情的になりすぎたりしないで、取材陣を含めた周りの人をなにより優先してふんわりと収めたことについて称された言葉ですが、なんとも男性目線。自分の浮気がバレた時は、妻や恋人にも三田寛子さんのような対応をして欲しいという願望の表れでもあります。

 女性の視点からいえば「彼女自身のプライドを守った対応」ともいえます。不倫を繰り返す夫と離婚しない理由は、彼女には守るものがあるから。妻の立場として「成駒屋8代目・中村芝翫」という大名跡を守り、母の立場から「歌舞伎役者となった3人の息子たちの将来」を守る。かつて三田寛子さんがインタビューで語った「舞台側は役者の仕事。客席側はすべて妻の仕事」を体現して守り切ったことが彼女自身のプライドです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?