「あの助監は絶対監督になれない」なんて賭けたりして…

公開日: 更新日:

 この仕出しエキストラの仕事で、先輩俳優サン達が、何故に写る処はやりたがらないのか、暫くしてから判りましたよ。つまりコノ組の写真(映画)では、セリフのある役を貰ってる、しかもアップで。だから仕出しで目立ちたくはないって事と、半分はプライドかなあ。頭の良い、機転の利く助監督ならば、あ、君は役付きだったな、じゃコノカットは、いいヨ位の事は、云ってくれるんだけど、こういう利け者助監なぞ、メッタにいるもんじゃない。

 大体の助監サンは、「何ンでもいいから、歩け。何ンでもいいから、座ってろ」こんな感じですわな。とにかく、台本なんて読んだことがなかったですな。勿論大部屋にも、台本は届くのですが、先輩達が持って帰ってしまい、何がドンナ話なのか見当もつかない。で助監サンに、例えば主人公を、本当に恨んでいて殺しに行くのか、それとも、主人公に恩になっていて、板ばさみの形で行くのとでは、やっぱり違いますわな。素人なりに、芝居の仕方がネ。勿論結局は死ぬだけなんですが。すると利け者助監サンは、丁寧に状況を教えてくれる。大方の助監ドノは、何んでもいいんだよ、切られりゃ! でオシマイ! そりゃまあ、シッカリ顔が写る訳じゃないから、いいっちゃあいいんだけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  9. 9

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  10. 10

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

もっと見る