篠原涼子“コロナ別居”継続の背景 市村正親とはすれ違い?

公開日: 更新日:

 女優の篠原涼子(47)と夫・市村正親(72)の別居を発売中の「女性自身」が報じている。別居は昨年3月からで、ドラマ収録のためとされていたが、1年経った現在も継続中というのだ。

 当初は緊急事態宣言が始まったばかり。コロナ感染に対する不安も大きく、篠原の当たり役「ハケンの品格 第2シリーズ」(日本テレビ系)の撮影ということもあり“コロナ別居”もベターな選択と思われた。しかしながら、現在も篠原は市村と13歳と8歳の2人の息子が待つ家には帰宅せず、自宅から車で10分ほどの高級賃貸マンションに居住。自宅は家政婦がほぼ住み込みでサポートしているという。

 今回の報道について篠原の所属事務所は、別居を認めたうえで、仕事が落ち着き次第戻る予定と回答。しかし、篠原が一時帰宅するのは市村が家にいない時ばかりだという。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  2. 2

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  3. 3

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  4. 4

    五輪に“感染爆発ピーク”直撃…ワクチン神話の崩壊、G7会場周辺「2450%増」の凶報

  5. 5

    民放首位「ドラゴン桜」キンプリ髙橋海人効果で逃げ切りか

  6. 6

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  7. 7

    石原さとみ「恋ぷに」打ち切りで元カレ山ピーと再共演浮上

  8. 8

    菅首相が目論む「同期のため」解散 10.21任期満了で永年在職表彰の“贈り物”を画策

  9. 9

    嫌韓層を意識?河野ワクチン大臣の交差接種「日本はやらない」発言が信じられない

  10. 10

    五輪運営関係者は観客ではない? 上手いこというね…なんていうわきゃないだろ!

もっと見る