児玉愛子
著者のコラム一覧
児玉愛子韓国コラムニスト

韓流エンタメ誌、ガイドブック等の企画、取材、執筆を行う韓国ウオッチャー。新聞や雑誌、Webサイトで韓国映画を紹介するほか、日韓関係についてのコラムを寄稿。

映画「王の願い ハングルの始まり」に降りかかった災難

公開日: 更新日:

 ドラマ、映画、音楽、漫画など次々とコンテンツを世界に輸出している韓国は、過去に“ハングル”を輸出しようとしたこともある。日常的なコミュニケーションツールを世界化しようという壮大な計画だった。

 朝鮮半島で使われるハングルは「偉大な文字」といわれている。たった24文字で構成されていて、簡単にマスターできるからだ。制定された当時(1443年)の解説書には「利口な者なら半日で、どんなバカでも10日で覚えられる」と記されたほどである。

 文字を考案したのは朝鮮王朝第4代王の世宗(セジョン)。当時、上流階級層で使用されていたのは中国の漢字だったが、庶民は読み書きができず不便を強いられていた。そこでだれでも簡単に学べる独自の文字を創製し、公布したのだ。ところが臣下たちは、この王の偉業に猛反発した。

 文字の使用は上流階級層の特権でもある。政府の高官は、民が字を読めないでいてくれたほうが自分たちの好き放題にできると考えていた。支配者クラスにとって、ハングルは疎ましい存在だったのだ。加えて独自の文字を持つことは中国の怒りを買う恐れもあったとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  5. 5

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る