五輪中は真夏日続く「灼熱列島」に…マラソン・競歩はドーハの“二の舞”リタイア続出も

公開日: 更新日:

 日本列島が灼熱に包まれた。19日、全国100地点以上で気温35度以上の「猛暑日」を観測。30度以上の「真夏日」は全国観測点の8割を占めた。

 とりわけ暑かったのが北海道だ。足寄町では全国最高の37.5度に達し、札幌市では最高気温35度をマーク。同市内では2000年8月に35.9度を観測して以来、21年ぶり、統計開始から145年間で10回目の猛暑日となった。ウェザーマップの気象予報士・斎藤義雄氏がこう言う。

「『梅雨明け10日』という言葉があるように、梅雨明け直後は厳しい暑さが襲ってきます。原因は太平洋高気圧。下降気流によって空気が圧縮され、気温が上がるのです。今後は暑さが少しは和らぎますが、決して涼しくはなりません。気温31~33度の真夏日が続くでしょう」

 気象庁も今後2週間は北日本や東日本で真夏日が続くと予測している。改めて気になるのは東京五輪マラソンと競歩だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  6. 6

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  7. 7

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  8. 8

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  9. 9

    福山雅治が9年ぶり「ガリレオ」シリーズに意気込む カリスマ復活なるか?

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る