二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

大島優子はAKB卒業から最も伸びた女優 結婚でさらなる飛躍が期待できる

公開日: 更新日:

「会いに行けるアイドル」をコンセプトにAKB48が誕生して今年で16年。人気の最盛期を支えた「神7」のメンバーだった大島優子(32)が若手俳優の林遣都(30)との結婚を発表した。

 2人はもともと共演歴があったが、一昨年の朝ドラ「スカーレット」で恋に発展した。大阪制作の朝ドラはホテル生活を送りながら長期間の収録。男女の仲は縮まりやすいと言われている。離婚したが、「ごちそうさん」で夫婦役となった杏と東出昌大は撮影当時から「ドラマのままに結婚するのでは」と言われていたが、大島と林は噂もなかった。

「コロナ禍で外出するカップルも少ないし、メディアも取材範囲が制限されている」(女性誌記者)

 という現実はあるにせよ、極秘のうちに交際を実らせた。2人とも大きなスキャンダルがなかったこともあり、祝福ムードが漂っている。

「出演するだけで好感度が上がる」と言われる近年の朝ドラ。結婚も好意的に見られる傾向にあるが、大島の女優としての活躍と好感度も大きい。


 AKBに始まったアイドルグループは「卒業」という形で進路を決める。引退・結婚を選択する子もいるが、大半は芸能界での活躍を目指す。タレントは息が短く、女優は激戦区。どっちに進んでも厳しい現実が待ち受ける。失速する子もいるが、大島は女優としてもっとも伸びた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

    「オミクロン系ワクチン」は急いで打つ必要なし 11月以降の接種で感染予防にもなる

  2. 2
    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

    “サメがウヨウヨ”悪ふざけ投稿が話題に…米フロリダのショッピングモールでニセ演出

  3. 3
    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

    ガーシー議員が人気女優の“パパ活疑惑”配信も…暴露行為を疑問視「国会に出ろ」とブーメラン

  4. 4
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  5. 5
    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

    セ最下位中日は12球団ワーストの超貧打 OB名球会コーチ招聘だけでは解決しない“元凶”

  1. 6
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  2. 7
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  3. 8
    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

    京都の観光業界に衝撃! 老舗高級ホテルで相続めぐる民事訴訟が泥沼化

  4. 9
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  5. 10
    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?

    不合格になった筑附高受験生は「悠仁さまの合格」をどう見ているのか?