TikTokで話題の“歌ウマおじさん”デュオ「CHOPSTICKS」を直撃!2人合わせて111歳の現在地

公開日: 更新日:

 若者たちがダンス動画などをアップしているSNS「TikTok」で、スキンヘッドのおじさん2人が、突如、超絶ハモリで懐かしのメロディーを歌いだす動画が話題だ。ユニット名は「CHOPSTICKS(チョップスティックス)」。並んで立つと“箸”のようなこの2人は一体!?

  ◇  ◇  ◇

 ――ユニット形成のきっかけは?

新沢(写真左) 僕はもともと子ども向けの音楽を作っていたんです。木山さんは、「紅白歌合戦」にも出場されている方ですが、僕の作った「にじ」をライブで歌ってくださっていたんですね。それで一度ご挨拶させていただきたいと……。

木山(写真右) レコーディング中のスタジオに来てくださって。そこでディレクターさんが「一緒に歌ってみてくださいよ」って。歌ってみたらなかなかよくって。
新沢 「一度2人を並べてみたかったんです」って。それで並ぶとお箸みたいということで、「CHOPSTICKS」という名前になりました。

 ――「TikTok」で“歌ウマおじさん”として話題となり、フォロワー数も1万人に達しています。

新沢 すごく反響があったので正直驚きました。“小峠かと思った”とコメントがあったりして。

木山 僕も4番目の息子(中3)から「父さん、『TikTok』やってるの?」と言われたりして。コメント欄で“世界で一番平和な動画”なんて書いていただいたりして、不思議な感じですね。

この年になってユニットを組むとは人生って面白いなって…

 ――一見、こわもてのおじさん2人が、「赤いスイートピー」や「見上げてごらん夜の星を」「卒業写真」を優しい声で楽しそうに歌っているのは思わず引き込まれます。ハイトーンのユニゾンやハモリも気持ちいいです。

新沢 僕は木山さんの美声の邪魔をしないように気をつけていますね。僕自身、木山さんの声の“癒やし成分”を間近で聴けて幸せを感じながら歌っています。

木山 アルバムでは、ソロでは歌ってこなかった「田園」とか「あ~よかった」など、アップテンポな曲も歌いましたが、新たな歌の世界が広がった感じでしたね。「待つわ」とか女性の歌は、男性の声っぽくならないように、中性的に歌うよう心がけていました。

新沢 “ヤカラ感”が出ないようにね。

木山 僕も黙っているとコワイなんて言われたこともありましたからね(笑い)。

 ――オンラインライブ中に募集したキャッチコピーでは「令和のライト兄弟」なんてのもあったそうで。

木山 うまいこと言うな~と思いましたよ。

新沢 でも、この年(58歳)になって、こうして新たにユニットを組むことになるなんて、人生って本当に面白いなって思いますよ。2人合わせて111歳ですからね。「脳トレ」にもなるし。

木山 僕も「どんなことがあっても強く生きてれば大丈夫だよ」と息子たちには話してきましたけど、コロナ禍で音楽活動がうまくいかない中、こんなことって本当にあるんだな、と。今回のアルバムはなかなかチャレンジャーだなと思いますけど(笑い)、とてもいい内容だと思うので、ぜひ聴いていただきたいですね。 

(聞き手=平川隆一/日刊ゲンダイ)

▽木山裕策(きやま・ゆうさく=53歳) 2005年、甲状腺がんを克服したことを機に、長年の夢だった歌手に挑戦することを決意。会社員を続けながら、2008年「home」でメジャーデビュー。同年、「NHK紅白歌合戦」に初出場。4人の息子と妻の6人家族。

▽新沢としひこ(しんざわ・としひこ=58歳)シンガー・ソングライター。こどもの歌研究所所長。日本童謡協会理事。元保育士。子どもの歌から大人向けのポップスまで、幅広く作品を作り続ける。代表作に「世界中のこどもたちが」「ともだちになるために」「にじ」などがある。

「箸やすめ~青春・卒業・恋 シャイニー&ハーモニー」
「赤いスイートピー」から、「待つわ」「卒業写真」「田園」まで、昭和・平成の名曲をしっとり、時にパワフルに歌い上げる。(キングレコードから発売中)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

    蒼井そら発掘 数万人をAV女優にして逮捕された大手プロ社長の「目利きと商魂」

  2. 2
    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

    ギネスを目指すロシアの“超大型ネコ” 成長中メインクーンの体重は12.5キロ!

  3. 3
    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

    皇室も宮内庁も情報発信を一から考え直さないと誤解と悲劇は続く

  4. 4
    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

    三田寛子「卒婚宣言」の現実味…夫・中村芝翫3度目不倫報道、もう神対応はみられない?

  5. 5
    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

    フリー俳優になる東出昌大の暗い前途…成功した「フワちゃん」との決定的な違い

もっと見る

  1. 6
    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

    大泉洋に大仕事が次々と!NHK大河「鎌倉殿の13人」でも際立つ陰と陽

  2. 7
    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

    高視聴率ドラマ「DCU」に賛否 日曜劇場のマンネリ設定と“過剰サービス”で「食傷気味」の声も

  3. 8
    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

    野良犬とロシア10歳少女の奇跡! 零下11度の猛吹雪で行方不明になったが…

  4. 9
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  5. 10
    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか

    <9>“近居”が最近のブームだが…老夫婦が息子の近所に住む選択はベストか