鈴木京香が“解体寸前”の名建築を救ったワケ 有名評論家を父に持つ長谷川博己の影響も

公開日: 更新日:

<解体の可能性さえあった《ヴィラ・クゥクゥ》をご縁あって引き取らせていただき、竣工当時の姿にできるだけ戻すよう、修復工事を進めている最中です>(WEBマガジン「Casa BRUTUS」から)

 公開中のWEB記事でこう話しているのは、女優の鈴木京香(53)だ。現在、東京都現代美術館で開催されている建築家・吉阪隆正(1917~1980)の大規模展を、鈴木が見学した様子とインタビューがつづられている。

 鈴木はなぜ、世界的建築家のル・コルビュジエのもとで働き、国立西洋美術館の建設に携わった日本人建築家の1人である吉阪の展覧会を見学したのか。そこには、解体の憂き目にあっていた吉阪の代表作とされる住宅を引き継いだことがきっかけとなったと、鈴木は答えている。

■総費用は数億円か

 もともと建築やアートに関心が高かったという鈴木は偶然、都内の閑静な住宅街にある約60坪の土地に建つ住宅の存在を知ったという。この住宅は巨匠コルビュジエも絶賛していた名建築として知られているが、解体がささやかれていたところを鈴木が縁あって引き継いだ形となった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方