上咽頭がんから復活…作家・一雫ライオンさんを直撃! 小説「二人の嘘」が文庫化

公開日: 更新日:

 作家・一雫ライオンさん(49)の小説「二人の嘘」(幻冬舎)がこのほど文庫化されて話題だ。単行本は昨年6月に発売されるや現在6刷2万3000部のベストセラー。日刊ゲンダイに登場するのは昨年8月のインタビュー以来となるが、ライオンさん、ずいぶんと痩せた印象である。

「20キロ減りましたからね。実は昨年夏あたりからずっと右目の奥が痛くて、今年の1月には顔面全部に激痛が走ったんです。それで近くの耳鼻科に診察に行ったところ、専門の病院を紹介してくださって、診断結果は上咽頭がんのステージ4。すぐに治療を開始しないと春まで持たないと……。家族のこととかいろんなことを考えましたよ。しかも外科手術が難しい部位。入院して抗がん剤と放射線治療を繰り返したのですが、すると7月には画像上ではがんが消えたんです」

 奇跡的に回復を果たし、現在は経過観察だというから凄い話だ。

「よく大病を患うと人生観とか死生観が変わるといいますが、ぼくはどこかひねくれているのか、ステージ4くらいじゃ変わらないよ、と。自分の中の小さな矜持(きょうじ)にも気が付きました(笑)。ありがたいことに『二人の嘘』の映像化についてもいくつかお話を頂いています。次の小説も来年には出版予定ですから楽しみにしていてください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由