NHK紅白が“中森明菜不在”なったワケ 10月に入り連絡が取れなくなるも…出演交渉は続く

公開日: 更新日:

 待ち人来たらず……か。

 16日、大みそかに放送する第73回「NHK紅白歌合戦」の出場者が発表された。しかし、そのなかには出演が取り沙汰されていた“永遠の歌姫”中森明菜(57)の名前はどこにも見当たらなかった。

 NHKサイドは昨年春から特別オファーチームを編成し、明菜のキャスティングに向け全力で当たっていたというのだが、何が起こっていたのか。さるNHK関係者は声をひそめてこう話す。

「今年でデビュー40周年を迎える明菜にとって紅白の復帰は絶好のタイミングだった。NHKは明菜と実際に仕事をしたスタッフらを緊急招集し、調整してもらっていたんです。今年7月にBSで放送され話題となった『中森明菜スペシャル・ライブ 1989 リマスター版』も実は、このプロジェクトの作戦の一つだったのです。案の定、番組はBSにもかかわらず大きな話題となり、世間の耳目を集めた。当然、明菜本人も前向きだったんですが」

 この関係者によれば、今年9月初めごろまでは、VTR収録出演という条件付きながら明菜サイドから紅白出場にかなり前向きな回答を得ていたという。しかし、その後、明菜サイドと連絡が取れなくなってしまったというのだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方