著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

前田忠明さん「芸能リポーター」の真骨頂 殺人事件の加害者と被害者の同席会見をしかけた

公開日: 更新日:

 芸能リポーターとして知られた前田忠明さんが、この9月に81歳で亡くなっていたことがわかった。すでに亡くなっている梨元勝さん、鬼沢慶一さん、福岡翼さんとスクープ合戦をして、ワイドショーが派手な時代をつくっていた。その立役者の一人だった。

 一番凄かったのは、あの演歌歌手・克美しげるホステス殺害事件だろう。出所後、克美は被害女性の父親のところへ謝罪に行ったのだが、ワイドショークルーらも続々と集まる中、取材陣の中心となって交渉し、加害者と被害者家族が並んで記者会見を行うという前例のないことをやってのけた。前田はその場で「お父さん、隣にいる男がお嬢さんを殺したんですよ」と口にし、父親が号泣する凄惨な場となる。それが全国に流れた。今だったらとんでもない話で、眉をひそめて当然だ。

 その前田さんには、「タレントのプロダクションとの付き合いも大事な要素のひとつだ」ということを教えてもらったことがある。それなのに不義理してしまい、もう一度、お会いしておけばよかったと残念でならない。

 そういえば、今年は若い頃にお世話になった三遊亭円楽さんも亡くなった。テレビの仕事を始めたばかりの僕に、話し方のコツを一生懸命に教えてくれた人で、“腹黒キャラ”とは正反対の優しくも、厳しい人だった。島田陽子さん、渡辺徹さんら思い出に残っている人も亡くなった。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変