平野紫耀にあってキムタクにないもの…「エージェント契約」で路頭に迷うジャニタレ続出?

公開日: 更新日:

 2日、ジャニーズ事務所による二度目の会見が行われた。従来のジャニーズ事務所は17日付で社名を「SMILE-UP.」に変更し、被害者の救済、補償に特化し、補償終了後に廃業するという。また、タレントとのエージェント契約を結ぶ新事務所を1カ月以内に設立し、社名はファンクラブから公募する。新会社の社長に東山紀之(57)、副社長に井ノ原快彦(47)が就任することが発表された。

 大きく注目が集まったのは、エージェント契約という部分で、東山社長は今後の新会社では「会社に委ねたり縛られることなく、タレント自らが活動の方向性に応じて、自分自身で活躍の場を求めることになる」「これまで培ったプロデュース機能やマネジメント機能を活用して、お互いの知恵を出しながら活動を最大限サポートしていきたい」と展望を語った。これに対し、

《所属していたタレントは、もう巨大な後ろ楯がなくなるのだから、本人のタレント性が試されていくのでしょう。埋もれてしまう方もたくさん出てくるでしょうね》

《つまりタレントの実力主義になる。木村拓哉さんみたいにお膳立てをしてもらって売り出しているタレントにとっては正念場》

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 芸能のアクセスランキング

  1. 1

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  2. 2

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  3. 3

    「あぶない刑事」100万人突破で分かった…舘ひろし&柴田恭兵“昭和のスター”の凄みと刑事役の人材不足

  4. 4

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  5. 5

    石丸伸二氏は都知事選2位と大健闘も…投票締め切り後メディアに見せた“ブチギレ本性”の一端

  1. 6

    日テレ都知事選中継が大炎上! 古市憲寿氏が石丸伸二氏とのやり取り酷評されSNSでヤリ玉に

  2. 7

    松本人志の“不気味な沈黙”…告発女性が「被害受けた認識ない」有利な報道に浮かれないワケ

  3. 8

    安藤美姫が“不適切キャラ”発揮ならメディアは大歓迎? 「16歳教え子とデート報道」で気になる今後

  4. 9

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  5. 10

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…