TV各局「ジャニーズ問題検証番組」はお手盛り超薄味…テレ朝は報道機関の役割放棄

公開日: 更新日:

 ジャニーズ事務所の創業者である故ジャニー喜多川氏による性加害問題をめぐるテレビ各局の検証番組が放送される中、最後となったテレビ朝日が12日、「テレビ朝日 旧ジャニーズ問題検証」を放送した。

 最初はNHKが9月11日に「クローズアップ現代」で特集し、以降、日本テレビが先月4日の「news every.」で、TBSが同7日の「報道特集」で、フジテレビは同21日に、テレビ東京は26日の特番で放送。在京テレビ局としては最後となったテレビ朝日の検証内容に注目が集まっていた。

 テレビ朝日といえば「ミュージックステーション」にほぼ毎週ジャニーズタレントを起用し、ジャニーズ専用リハーサル室を提供。リハーサル室でのダンスレッスンをきっかけに、Jr.に昇格した少年も多く、Jr.が主役の番組「裸の少年」などもあり“Jr.の登竜門”的位置づけでもあった。

 番組ではジャニーズ事務所を「圧倒的にパワーバランスの上位にいる」として一部忖度はあったことを容認。キャスティングについては「後発の局で人気者は基本的にこちらからお願いしていた、特に旧ジャニーズ事務所は会社事だった」「あらがいにくい案件だという空気が醸成されていた」と明かしたが、しかしながら、リハーサル室が性加害の現場になったことに対する検証や、職員がハワイ旅行などの高額接待を受けていたことはスルー。

 論点を「なぜ週刊文春報道に対する判決を報じなかったのか」に重きを置き、現場担当者の「裁判があることを知らなかった」「当時はオウム事件で忙しかった」といったコメントを紹介。踏み込んだコメントは一切みられなかった。元テレビ朝日プロデューサーの鎮目博道氏がこう言う。

「報道機関としての役割を放棄してしまったことが、OBとして悲しいところ。“後発番組でジャニーズタレントに出て欲しい立場だった”“上層部が交渉・対応にあたっていた”ことは明らかな忖度。視聴者が一番“そこはどうなのか?”と思う点には触れず、最小限の反省でお茶を濁したと感じました。

 文春との判決を“裁判があることを知らなかったから”報じなかったという回答も、“当局に教えてもらわないと動かない”“独自にニュースを取ってくる力はなくなった”つまり“スクープを取って社会悪と戦う気はない”“テレビのニュースは信用するな”と公言してしまったと言っても過言ではないし、それに気づかないことが問題です。

 すでに英BBCがジャニーズ問題を報じてから半年以上が経過していますから、せめてその間の局としての対応について報じるべきでは。確かに、民放においては現場の人手不足、制作費削減で取材せずに時間を埋めることに注力している状況は否めません。今後はこうした環境を改善すべきだと思います」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

    大阪万博批判は出尽くした感があるが…即刻中止すべき決定版が出た

  2. 2
    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

    「銀河英雄伝説」大ヒットの田中芳樹さんは71歳 執筆47年で120~130冊…どのくらい稼いだの?

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  1. 6
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 8
    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

    つばさの党代表が公選法違反で逮捕 温和だった黒川敦彦容疑者はなぜ“キャラ変”したのか

  4. 9
    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

    頑なに「高卒で米挑戦」…まともに会話すらなかった大谷が翻意、日本ハムに入団決めた舞台裏

  5. 10
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル