テイラー・スウィフト5年3カ月ぶり来日でガッポリ! “モノ申す歌姫”の経済効果は340億円ナリ

公開日: 更新日:

 テイラー・スウィフト(34)が7日から10日まで、東京ドームで5年3カ月ぶりの来日公演を開催した。4日に最新アルバム「ミッドナイツ」がグラミー賞で史上最多4度目の年間最優秀アルバム賞を受賞。11日には恋人のトラビス・ケルシー(NFLカンザスシティー・チーフス=34)がスーパーボウルに出場とタイムリーな来日となった。

 昨年の全米ツアーの経済波及効果は1.5兆円。全米のGDPにまで影響を及ぼすといわれ、今回のジャパンツアーも22万人を動員、経済波及効果は340億円とも報じられていた。しかし抽選申し込みが始まったのは昨年6月。海外からの購入サイトも用意され、チケットは昨年のうちに完売、すでに「スウィフトノミクス」は始まっていたのである。

 会場には彼女の代名詞“スパンコールのキラキラ衣装”コスプレをしたファンが続々集結。会場の外では彼女を象徴するピンクのカウボーイハットを売る外国人もおり、コスプレ率の高さにファッションアイコンとしての絶大な影響力を痛感。

 スパンコールのボディースーツにブーツ姿で登場すると会場は総立ち。露出度の高さは、スタイルの良さを際立たせ、ウオーキングだけで魅了。趣向を凝らしたステージング、早着替えもあり、ほぼ休憩なしで3時間のライブを完走。「大満足!」(20代女性)、「アコースティックの曲が良かった」(30代女性)、「スタイルが半端なく良くて、どの衣装もすてき」(10代女性)と観客を圧倒した。

 アメリカの大統領選では彼女の発言が若年層に多大な影響を及ぼすとされ“スウィフト効果”を脅威に思うトランプ陣営は「国防総省の秘密エージェントだ」「交際はNFLを盛り上げるための嘘」などフェイクニュースを拡散させているともっぱら。そんなデマで動じないのがスウィフトで、彼女の定番・赤リップは意志の強さを象徴し、ライブ中もギター1本、ソロピアノで歌うアコースティックの楽曲で骨太のメッセージを届ける。若者や性別、マイノリティーの悩みに寄り添う曲も多く、政治を含めた“モノ申す姿勢”をリスペクトするファンが多いのもうなずける。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

    新小結大の里“来場所で大関昇進”は十分に可能 目安の「三役で3場所33勝」すでに形骸化

  2. 2
    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

    巨人阿部監督「家康」から「秀吉」への変貌間近…12球団ワースト貧打で“秘策”解禁へ

  3. 3
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  4. 4
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  1. 6
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  2. 7
    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

    上田令子都議「私には『小池劇場』の幕を降ろす責任がある」

  3. 8
    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  4. 9
    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

    日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

  5. 10
    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める

    ロッテ佐々木朗希にWパンチ…苦手な交流戦到来、ドジャース入りにも暗雲漂い始める