映画「石岡タロー」は感涙必至! 茨城版“忠犬ハチ公”役の元保護犬が魅せた圧巻の演技

公開日: 更新日:

 地方発のインディーズ映画「石岡タロー」(石坂アツシ監督)が東京で公開され、口コミでファンを増やしている。石岡駅の待合室で、戻らぬ飼い主を17年間待ち続けた“茨城版・忠犬ハチ公”の実話が評判を呼び、昨年の茨城県での公開から粘り強い興行を続け、ついに東京公開にこぎつけた。その魅力を映画批評家の前田有一氏がこう語る。

「人間と違って“演技指導”が簡単にはできない動物映画であることに加え、昭和時代が舞台ということで、画面に映るすべてに時代考証が必要になります。予算規模が大きいメジャーでも足踏みする題材を、インディーズながら違和感なく映像化していて驚きました。物語は地元の石岡市で語り継がれる感動的なもので、犬好きならずとも大泣き必至です」

 タローの物語を知った映像作家の石坂アツシ監督が、石岡市を中心に取材を重ね、自身初の長編商業映画として製作。資金の一部は一般市民からのクラウドファンディングで集めたという。

 舞台は昭和39年。茨城県の石岡駅近くで小学校の用務員(菊池均也)が一匹の迷子犬を保護する。彼は飼い主を探すが見つからず、いつしか小学校でその犬を飼うことに。犬は子供たちの人気者になり、やがてタローと名付けられる。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった