ひろゆき氏が大谷違法賭博問題で謝罪も…《憶測外れてましたー。すいませーん》投稿が火に油

公開日: 更新日:

《専属通訳の「本当の顔」はマジの泥棒だった》

 米大リーグ・ドジャース大谷翔平(29)の元専属通訳、水原一平氏(39)をめぐる違法賭博問題の新たな事実が明らかになり、12日早朝から日本中には衝撃が走った。

 現地時間11日に会見した米連邦捜査局などによると、水原氏は大谷の銀行口座から最低でも1600万ドル(約24.5億円)を不正送金。銀行から送金について確認の電話が入ると、大谷の声マネをして応じていたといい、さらに大谷の口座から勝手に出金しながら、賭けに勝つと自分の口座にカネを振り込ませていたというから反社顔負けだ。

 現地では大谷の「無実」に安堵の声が広がるとともに、大谷の代理人を務めながら何も気づかなかったバレロ氏や、水原氏を泥沼の賭博地獄に引きずり込んだ胴元に対する怒りの声が出始めているというが、日本国内でもこの人に不信感を訴える投稿が相次いだ。

■報道を受け、すぐに謝罪の意思を示したが…

 YouTubeなどで、「大谷さんが手伝ったということじゃないとちょっと無理がある」などと持論を展開していた「ひろゆき」こと実業家の西村博之氏(47)で、12日、自身のSNSを更新。今回明らかになった事件に触れつつ、こう投稿した。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今