芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

吉岡里帆移籍は「フラーム」に追い風だが…不安材料は松本穂香ら既存女優陣との不協和音

公開日: 更新日:

 過去に例を見ないほどの芸能人の退社、移籍、独立が相次いでいる。黒木華(34)、多部未華子(35)、佐々木蔵之介(56)……中でも今、芸能関係者が熱い視線を送っているのは吉岡里帆(31)だ。移籍数カ月前には自身のインスタグラムに「最近色んなことが起きすぎて眠れません。こういう寝れない日ってどうされてますか?」と投稿。ファンの間では彼女のメンタルを心配する声も囁かれていた。

「吉岡が特に注目される理由は、黒木や多部がスキルアップや環境改善を目的とした退社、独立であるのに対して、所属事務所の"芸能関係業務の休業"が理由だからです。本人も『あまりに突然で、正直戸惑いと不安と喪失感でいっぱい』とSNSに記したように、彼女にとっては寝耳に水だったのでしょう、ファンからは同情と激励の声が集まっています」(芸能関係者)

 そんな吉岡が移籍先として選んだのが、有村架純(31)や戸田恵梨香(35)らトップクラスの女優たちを数多く抱える大手芸能プロダクション『フラーム』だ。同プロダクションといえば、昨年は広末涼子(43)の"W不倫"が日本国中を騒がせたことが記憶に新しいが(広末は今年2月退社)、はたして吉岡は以前と同じように輝きを保つことができるのだろうか。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

    ソフトB山川穂高を直撃「古巣への不義理、SBファンの拒否反応をどう思っていますか?」

  2. 2
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  3. 3
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

    立憲民主党・蓮舫参院議員が東京都知事選出馬へ! 首都決戦は「女の戦い」に

  1. 6
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

  3. 8
    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

    ヒデとロザンナの出門英 結腸がんで壮絶死

  4. 9
    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

    “ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

  5. 10
    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!

    小池都知事「早期出馬表明」は3選への焦りそのもの SNSでは「#小池百合子落選運動」勃発!