謎のフリー芸人ひょうろくって何者?「水ダウ」3週連続出演で注目された個性派に刮目せよ

公開日: 更新日:

 今月8日から3週連続で「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に出演するなど、ジワジワと露出を増やしている謎のフリー芸人・ひょうろく。約2年前、同番組の「リアルに『へぇ』と言わせるの難しい説」で、さらば青春の光・森田哲矢がひょうろくにドッキリを仕掛け、その独特な風貌とリアクションで好評を博した。

 その後、昨年末に配信がスタートした「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」シーズン13 COMBINEDで“笑いの刺客”の1人として登場。ほぼ裸でフットボールアワー・岩尾望にオイルマッサージを施し、鼻の穴に埋まった1円玉を息で吹き出す持ち芸で挑戦者を苦しめるなど存在感を示した。

 今年に入ってからは、元テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行が手掛ける「インシデンツ2」(DMM TV)で富岡以蔵(みなみかわ)の影武者役を怪演。メインキャストのヒコロヒーが「撮影終わりでひょうろくさんと2回くらい飲みに行き、かなり親友になることができました」とコメントしていたことも記憶に新しい。


 一方、今月公開されたアイリッシュ・パンクバンド「THE CHERRY COKE$」のMV(結成25周年の第1弾シングル「PEACE ISLAND」)で再度みなみかわとチンピラ役で共演するなど、活躍の場を広げている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  3. 3
    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

    立ち食いそば店の60代“深夜ワンオペ”は命がけ…敬遠されるのも無理はない

  4. 4
    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

    後輩の挑発をスルーした松本人志、粗品のケンカを買って自爆した宮迫博之…露呈した“芸人の格”の違い

  5. 5
    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

    維新ダサすぎ!都知事候補擁立を断念…女帝に陳腐な取引打診も“ガン無視”される

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

    ロッテ佐々木朗希「省エネ投球」の謎解き…フルパワーのシーズンフル稼働は到底無理

  3. 8
    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

    協会はテレビ各社にケンカを売るように「放映権をよこせ」と迫り過去最高益「5億円超」を叩き出した

  4. 9
    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

    「燕は戻ってこない」桐野夏生著

  5. 10
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質