中居正広“MC帝王”の原点とは…地上波レギュラーはすべて司会、TBS「音楽の日」も14回連続で

公開日: 更新日:

 中居正広(51)の業界評がさらに高まっている。6月末から音楽特番が続く中、特番ラッシュのトリを飾るのが13日に放送される「音楽の日」(TBS系)。14回連続で安住紳一郎アナとタッグを組み総合司会を務める。同特番は東日本大震災が起こった2011年に、歌で希望や元気や笑顔を届けるためにスタート。このコンセプトにのっとって毎回日本全国を中継で結ぶのが他局と一線を画し、今年は岩手、石川・能登、兵庫・神戸、熊本からアーティストが歌声を届ける。

 中居は地上波レギュラーのすべてが司会者で、「だれかtoなかい」(フジテレビ系)や「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)では、ゲストの核心に迫ることが少なくない。そして、最近の中居の司会テクは、さらに高まっているという声が強い。というのは今年1月、ダウンタウン松本人志(60)がすべての活動を休止して、ツーマンMCのトークバラエティー「まつもtoなかい」を降板、「だれかtoなかい」に改題して新スタートした際は、熟練の話芸さながらのひとりトークで視聴者を魅了。業界内外から、高く評価された。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」