松本潤の独立はNHK復帰ありきなのか…嵐で2人目 旧ジャニーズ事務所退所の波紋と憶測

公開日: 更新日:

 NHKの露骨なSTARTO ENTERTAINMEN社(以下S社=旧ジャニーズ事務所)離れが続いている。

 NHKの稲葉延雄会長は5月22日の定例会見で、現在、中止しているS社の所属タレントの今後の起用について、「被害者への補償や再発防止策が確実に実施されていることが確認されるまでは当面、新規の出演依頼は行わないという方針に変わりはない」と明言。

 S社は所属タレントの離脱が続いているが、今度は嵐の松本潤(40)が5月30日付で退所した。嵐メンバーでは昨年10月に独立した二宮和也(40)に続き、これで2人目。

 すでに嵐はグループとしては、株式会社嵐を設立し、S社とは「グループエージェント契約」を結んでいるが、松本は「MJC Inc.」という個人事務所を立ち上げ活動するという。芸能プロ関係者はこう話す。

「S社は引き留めようとしたようだが、かなわなかったようだ。松本主演の昨年の大河ドラマ『どうする家康』は視聴率的に成功とは言えませんでしたが、松本の頭の中には“主役に限らず、またNHKに出演したい”という明確な意思があったのでしょう。NHKは2026年度に放送される大河ドラマ『福翁伝』(仮題)に同じ嵐で、慶応大学出身の桜井翔を抜擢する予定だったが、例の性加害問題を受けて、はしごを外したといわれています。松潤はS社に在籍していたら、補償問題が完全に終了するまで、今後、NHKには出演できないと考えた末での決断でしょう」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変