泉谷しげる 過激発言でワイドショー打ち切り

公開日: 更新日:

<1972年8月>

 シンガー・ソングライター、俳優として息の長い活躍を続ける泉谷しげる(64)は若い頃から毒舌でも有名だった。フォークソングブームの70年代初め、泉谷も吉田拓郎と並ぶフォーク界の若手スターとして人気が高かったが、生放送で大暴れしてワイドショーが打ち切られる騒動があった。

 8月12日正午から日本教育テレビ(現テレビ朝日)のスタジオでは「土曜ショー」の生放送が行われていた。「土曜ショー」は66年4月から始まったワイドショーの草分け的な番組のひとつで、もともと高島忠夫が司会の主婦向けの番組だった。71年に司会が野末陳平に代わり、公害や自衛隊、沖縄問題など硬派なテーマを取り上げる異色番組として知られていた。

 当日のタイトルは「禁止! 禁止! それでも歌う!!」。当時のフォークソングは反戦歌などのメッセージソングや性や下ネタを取り扱った曲も少なくなく、いわゆる「放送禁止」は身近な問題だった。この日は90人の若者を集め、自主規制コードを作って放送禁止にしているマスコミのあり方を考えて討論させようというものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る