釣り鐘形のDカップが…岩佐真悠子が映画で魅せた過激シーン

公開日: 更新日:

 岩佐真悠子(26)が新境地だ。12月7日公開の主演映画「受難」のマスコミ向け試写会が先日からスタート。その過激な内容が早くも話題になっている。

 物語は姫野カオルコの同名小説が原作。岩佐演じる修道院育ちでモテない処女の主人公の股間に突然現れた「人面瘡(じんめんそう)」。「古賀さん」と名付けたその人面瘡との共同生活を、セックスシーンなどを交えながら過激かつユーモラスに描いた作品だ。

 映画批評家の前田有一氏はこう話す。

「いやぁ~ビックリしました。最初の濡れ場である処女喪失シーンはイマイチだったのでさほど期待はしませんでした。ところが次の濡れ場は岩佐の釣り鐘形のDカップバストや形のいいお尻がフルオープン。乳輪は大きめですが、肌との境目が分からないくらい薄い肌色。なかなか個性的なおっぱいです。全裸で疾走するシーンはおっぱいがぶるんぶるんと8の字を描いて上下左右に揺れまくり。ラストのベッドシーンも見応え十分。出し惜しみは一切ありませんでした。アッパレです」

 劇中では「お○○こ」発言も。16歳で「ミスマガジン2003」に選ばれて以来、活躍の陰で数多くのスキャンダルを乗り切ってきた岩佐。一皮も二皮もむけて次回作も楽しみになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る