釣り鐘形のDカップが…岩佐真悠子が映画で魅せた過激シーン

公開日: 更新日:

 岩佐真悠子(26)が新境地だ。12月7日公開の主演映画「受難」のマスコミ向け試写会が先日からスタート。その過激な内容が早くも話題になっている。

 物語は姫野カオルコの同名小説が原作。岩佐演じる修道院育ちでモテない処女の主人公の股間に突然現れた「人面瘡(じんめんそう)」。「古賀さん」と名付けたその人面瘡との共同生活を、セックスシーンなどを交えながら過激かつユーモラスに描いた作品だ。

 映画批評家の前田有一氏はこう話す。

「いやぁ~ビックリしました。最初の濡れ場である処女喪失シーンはイマイチだったのでさほど期待はしませんでした。ところが次の濡れ場は岩佐の釣り鐘形のDカップバストや形のいいお尻がフルオープン。乳輪は大きめですが、肌との境目が分からないくらい薄い肌色。なかなか個性的なおっぱいです。全裸で疾走するシーンはおっぱいがぶるんぶるんと8の字を描いて上下左右に揺れまくり。ラストのベッドシーンも見応え十分。出し惜しみは一切ありませんでした。アッパレです」

 16歳で「ミスマガジン2003」に選ばれて以来、活躍の陰で数多くのスキャンダルを乗り切ってきた岩佐。一皮も二皮もむけて次回作も楽しみになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  3. 3

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  4. 4

    47都道府県の1日新規感染を“東京換算” 浮かび上がる深刻さ

  5. 5

    近藤春菜”レギュラーゼロ“にならず 土俵際で見せた粘り腰

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    「総辞職は時間の問題」という声も 虚ろな首相はもう限界

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    巨人OBも危惧「救援防御率」セ最下位でよぎる4年前の悪夢

もっと見る