• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

釣り鐘形のDカップが…岩佐真悠子が映画で魅せた過激シーン

 岩佐真悠子(26)が新境地だ。12月7日公開の主演映画「受難」のマスコミ向け試写会が先日からスタート。その過激な内容が早くも話題になっている。

 物語は姫野カオルコの同名小説が原作。岩佐演じる修道院育ちでモテない処女の主人公の股間に突然現れた「人面瘡(じんめんそう)」。「古賀さん」と名付けたその人面瘡との共同生活を、セックスシーンなどを交えながら過激かつユーモラスに描いた作品だ。

 映画批評家の前田有一氏はこう話す。

「いやぁ~ビックリしました。最初の濡れ場である処女喪失シーンはイマイチだったのでさほど期待はしませんでした。ところが次の濡れ場は岩佐の釣り鐘形のDカップバストや形のいいお尻がフルオープン。乳輪は大きめですが、肌との境目が分からないくらい薄い肌色。なかなか個性的なおっぱいです。全裸で疾走するシーンはおっぱいがぶるんぶるんと8の字を描いて上下左右に揺れまくり。ラストのベッドシーンも見応え十分。出し惜しみは一切ありませんでした。アッパレです」

 劇中では「お○○こ」発言も。16歳で「ミスマガジン2003」に選ばれて以来、活躍の陰で数多くのスキャンダルを乗り切ってきた岩佐。一皮も二皮もむけて次回作も楽しみになってきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る