日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

写真集バカ売れ! 「史上最強の女子アナ」長崎真友子

 ファースト写真集「MAYU」(ワニブックス)が絶賛発売中の美女は長崎真友子(27)。元九州朝日放送(KBC)の人気アナウンサーが水着や下着姿はもちろん、手ブラ、セミヌードにもチャレンジ。写真集セールスは“冬の時代”にもかかわらず、売り切れ店が続出の大フィーバーを巻き起こしている。

 生まれも育ちも福岡の真友子クン。KBCには3年間在籍。フリーに転身し、2011年に上京した。

「典型的な九州男児の父は“地元にいなさい”と、東京に行くことに大反対。グラビア活動ももちろん反対でしたが、私としては20代のうちにできることは何でもやろうと。冒険心が勝りました(笑い)」

 現在は映画やドラマなどで女優としても活躍。所属事務所には自ら履歴書を送付して面接にこぎつけたという根性娘だ。身長158センチ、B83・W56・H82。

 2月8日には郷里の福岡で発売記念イベント(紀伊国屋書店福岡本店、13時~)も開催。美しさに大胆さまで加わり、ますます磨きがかかった真友子クンが錦を飾る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事