• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

秋山豊寛 日本人初の宇宙飛行を行ったTBS記者

■1990年12月

 89年3月、開局40周年を2年後に控えたTBSは記念事業として、社員を臨時宇宙飛行士に仕立て、ソ連宇宙ステーション「ミール」に搭乗させるという仰天計画を発表した。

 同年8月16日、162人の応募者から医学検査と適性テストを通過した23歳から47歳の社員7人が発表された。その中で最年長の秋山豊寛外信部副部長は「ぼくらが抱えている脆(もろ)い“ガラスの地球”から地球を守ろうという問題について報道できればと思います」と1次選考を通過した抱負を語った。

 その後、ソ連側の最終テストを経て候補者は9月に秋山記者と菊地涼子カメラマン(当時25)の2人に絞られた。

 この計画は、国内宇宙開発関係者に大きな衝撃を与えた。同時期、宇宙開発事業団でも日本人初の宇宙飛行を目指して毛利衛、向井千秋、土井隆雄の3人を候補として選び、スペースシャトル搭乗の訓練を行っており、誰もが日本人の初飛行はこの3人から選ばれると考えていた。しかし、当初、88年に予定されていたシャトルの飛行は86年のチャレンジャー爆発事故で計画がストップして日本人のシャトル搭乗は延期。このため、プロジェクトは「日本人宇宙一番乗り競争」に発展する騒ぎとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  6. 6

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る