日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

香坂みゆき 芸名を「未幸」に変えた離婚騒動

■1990年4月

 3歳からモデルクラブに所属し、多くのCMに出演。12歳で「欽ちゃんのドンとやってみよう!」(フジテレビ系)のマスコットガールに起用されて人気となった香坂みゆき。87年2月、24歳の時に3歳年上のヘアメークアーティストと結婚して一時は「理想の夫婦」として話題を呼んだが、結婚生活はわずか3年で破局した。

 出会いは83年12月。当時、香坂には別に交際相手がいたため、ライブのヘアメークなどの仕事で時々、顔を合わせる程度の関係だった。しかし、86年、3週間違いの誕生パーティーに互いに参加し合ったことをきっかけに、急接近し、ドライブや食事を通じて親密交際に発展した。

 男性は香坂の自宅を訪れて何時間も話をすることがあったが、そのうち荷物が1つ増え2つ増えて、やがて帰らなくなってしまった。香坂は両親に「家賃がもったいないので一緒に住むね」と報告し、86年夏に同棲を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事